忍者ブログ
 

category: rtwmc

Blog Image

[PR]

Blog Image

KRVの各世代別特長

人類史に寄り添う形で進歩を続けるKRV開発史は、RMAや社会のパラダイムシフトに伴い、幾度かの革新を経ていた。 その革新の前後を世代として区切ることで、二百年以上に渡るKRVの歴史は四段階の進歩を遂げ

Blog Image

KRVのメカニズム

ベーシックおよびエンハンスドはスタンフレックス概念に基づき設計されている。これは装備をモジュール化することで、換装や更新を容易にし運用の柔軟性を高め、SLEPの省コスト化を目的としたものであった。 モ

Blog Image

Introduction

23世紀に至り、人類史は壮年期を迎えたとする説がある。 がむしゃらに領土を求め、資源を浪費する無軌道な時代は終わった。人類は己のポテンシャルを弁え、手が届く世界の限られたキャパシティを慎重に見定めな

Blog Image

フラグメント社会の文化

フラグメント社会では創造性は失われてしまったので、文化のありようは21世紀半ばあたりで停滞してしまっている。 地球社会の文化 2220年代の先進国では、労働階級の休息は禁止されている。工場で生産され、

Blog Image

第三次世界大戦の発端

日本の状況 中国内戦とそれに伴う東アジア情勢の混迷は、とにかく安全保障を確保したい日本と、自らが育んだ憎しみの応酬からの決別を望む米国との間に溝を生んでいた。 法の間隙を突いて発足された実戦的な日米共

Blog Image

サイバネティクス

シンギュラリティは政治によって潰えた。人類は23世紀に至っても野生動物の在り様から何ら進歩する事が無く、地球圏に閉塞し、限りあるリソースを奪い合う不毛な歴史を営々と紡いでいた。 かつて行われたヒト脳を

Blog Image

軍事技術としてのフラグメントシステムと政体としてのフラグメント制度

フラグメントシステムとは、21世紀半ばに開発が始まった全地球捕捉プラットホームである。 その起源は米軍のパペットシステムを基幹とした次世代軍事構想であり、ありとあらゆる地域に進出し潜伏しうるKRVを用

Blog Image

宇宙軍事戦略の想定と実際

21世紀後半に開発された対地攻撃用の衛星兵器。

Blog Image

量子兵器の解説

量子兵器を試験的に搭載したエクストラ機。

Blog Image

KRVの概要

ロシア軍の第二世代機。 正式名称はキネティック・ロボティクス・ヴィークル。 大容量の電子装備を積載した、全高3m以上に達する大型エクソスケルトンである。その名の通り、自律多目的プラットフ

Blog Image

超微細技術の現状

分子機械の導入は高度機械の開発コストを大幅に省力化した。

Blog Image

KRVのカテゴリ一覧

下記の分類に属さない機体も多数存在する。

Blog Image

木星通商網と地球

L4とL5には人類史上最も巨大な建造物であるスペースコロニーが設営されている。

Blog Image

KRVは貧者の兵器なのか

民生品を違法改造したテクニカル。外見上の特徴としてレーダードームが増設されている。

Blog Image

地球外領土の成り立ちについて

惑星開拓は分子アセンブラ任せだったテラフォーミングよりもマンパワーがものを言う居住区開発にこそ膨大なコストを要した。

Blog Image

宇宙国家の揺籃から衰退まで

月はMCUが結成される以前より戦場となっていた。

Blog Image

KRVの開発経緯

KRVの開発は半世紀以上もの試行錯誤を経てなされたものであり、歴史の闇に人知れず消えていった試作機も多数存在する。

Blog Image

人工黒体の詳細

アドバンスド機は初期から人工黒体機関を搭載していた。

Blog Image

USAOF

United States Air and Orbit Force Type:Air and Orbit force Size:402,286 active personnel Head

Blog Image

Unknown

Unknown Type:no data Size:no data Headquarters:no data